leathercraft

How to leather ②.革の構成

leathercraft
この記事は約3分で読めます。

 

皆さんこんにちはぁ~❢

anroom leather ビジこれ情報部す‼

前回の①革ってなんだろうに続きまして、

今回は②革の構成について勉強していきましょう!

 

  1. 革ってなんだろう
  2. 革の構成
  3. 鞣し(なめし)
  4. 皮→革 革→革製品 になるまで
  5. 鞣しの種類について
  6. 原皮の種類や用途
  7. 革の仕上げについて
  8. 仕上げの種類や用途について
  9. Leather mark 証明
  10. 革製品のお手入れ

 

②.革の構成

 

動物の皮は、外部からの刺激や危害から体を守るため、繊維で織ったような緻密な美しさを持ち、驚くほど精巧で合理的な構造をしています。

皮の構造は動物の種類によって異なりますが、代表的な皮である牛皮の断面構造は表皮と真皮からなります。革として利用されるのは、このうちの真皮の部分。真皮はさらに乳頭層と網状層に分かれます。大きくわけて4層になるわけです。

 

表皮(ひょうひ)

皮の一番外側の部分。なめして革になる際は石灰漬け工程で取り除かれる。

 

 

膠原繊維束(こうげんせんいそく)

コラーゲンからなる細かい繊維が合流したもの。引く力が強く、皮に柔軟性を与える。

 

皮下組織(ひかそしき)

真皮とその下の筋膜とをつなぐ結合組織の部分。真皮と比較すると繊維の配列が粗め。

 

乳頭層(にゅうとうそう)

膠原繊維束が緻密に絡み合った部分。
革では乳頭層の表面を「銀面」と呼び、銀面の良し悪しは革の価値に大きく影響する。

 

網状層(もうじょうそう)

膠原繊維束がまとまってさらに太い繊維束となり、ゆるやかに絡み合っている部分。革では柔らかい質感と風合いを出す源となる。

真皮(しんぴ)

表皮の下、乳頭層と網状層を合わせた部分。

また、動物の皮の成分は、主に次の3つのタンパク質からできています。

 

コラーゲン

皮の主成分で、タンパク質からなる繊維のこと。皮のほか骨や歯、腱、血管、筋肉などあらゆる組織に分布している。皮をなめす際になめし剤と結合して革をつくる。

 

エラスチン

弾性繊維を構成するタンパク質。乳頭層、血管の周囲、皮下組織などに分布する。

 

ケラチン

毛、表皮、ツメ、角、蹄などを構成するタンパク質。

 

とこんな感じです。

ちょっと難しいですがご理解できたでしょうか。

今日はここまでです!!

最後までご覧いただきありがとうございます。

続きは③鞣し(なめし)でお会いしましょう~!!

 

next  ③鞣し(なめし)

タイトルとURLをコピーしました